設計へのこだわり

~光と風をコントロールする~
パッシブデザイン
パッシブデザイン夏・冬夏至時、冬至時の太陽の南中高度を考慮し、軒(ケラバ)・庇の出を深くすることで、夏の日射を遮り、冬の日射を取り入れます。
また、窓の配置・種類を考慮することで、吹抜け空間を利用した家全体の通風をコントロールします。
※仙台圏の太陽の南中高度は、夏至時:75度、冬至時:28度になります

パッシブデザイン

 

イトケン4つのこだわり

イトケンの強み