イトケンブログ

Vol.80「基礎工事」の流れについて!

2022.04.22

みなさん、こんにちは。

工事担当の森山です。

 

今回は「基礎工事」の流れをご紹介いたします。

 

1.遣り方(丁張)

住宅を建てるうえで最も重要かもしれません。

遣り方は、基礎の配置・高さを決めていく役割です。

 

2.根切

基礎をつくるために外周部の土を掘ります。

この時に丁張で出した高さを確認しながら作業していきます。

 

3.砕石敷き均し、防湿シート、捨てコン

写真は無いのですが、根切の後は砕石を敷き均し、しっかり転圧していきます。

防湿シートで地面からの湿気を抑えます。

続いて、墨付けのために外周部コンクリートを流していきます。(捨てコン)

 

4.外周部型枠・配筋

コンクリートが漏れないように型枠をし、鉄筋を組んでいきます。

この段階で一度検査が入ります。「配筋検査」というものです。

検査に合格したらコンクリートの打設になります。

 

5.コンクリート打設

コンクリートを流したら、すぐにおさえていきます。

 

6.内部型枠

続いて、内部に型枠を立てていきます。

この時アンカーボルト・ホールダウン等の金物を、図面を確認しながら設置します。

 

7.立ち上がり生コン打設

コンクリートをしっかり締めて、基礎天端の遊離水が無くなってきたら、

レベラーというもので、平らに仕上げます。

 

8.型枠バラシ・完成

養生期間を3日~7日間くらいとって、型枠を解体します。

掃除をして基礎完成です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。