ZenStyle 「O」Quality

省エネ基準よリ大きく傑れたUA値0.43・Q値1.4・C値0.3を実現したZen Style「O」 


UA値「0.43」とは?

平成25年4月改正後の省エネ基準で使われる「外皮 平均熱貫流率」の値です。家の外と内の温度差が1℃の場合の部位ごとの熱損失量の合計を外皮の面積の合計で割算した値のことを言います。UA値が小さいほど熱が逃げにくい断熱性能に優れた家ということになります。左記の表では仙台市の地域区分は「4」になりますので、基準のUA値が「0.75」になります。それに対しZenStyle「0」は「0.43」の数値が出ていますので、基準を大幅に上回った断熱性能ということになります。基準で見た場合、最も厳しい北海道の「0.46」を上 回る数値です。極寒のマイナス20℃地域でも快適に暮らせる家を基準をクリアした高性能住宅が ZenStyle「0」ということです。

ZenStyle 「0」のリビングダイニング
断熱水準 地域区分
  1 2 3 4 5 6 7 8
H25年基準 UA値
0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87  
Q値 1.6 1.6 1.9 2.4 2.7 2.7 2.7  
ZEH補助対象 UA値
0.4 0.5 0.6  
基準値なし 3 2.8 2.7 3.2
「HEAT20」G-1 UA値 0.34 0.34 0.38 0.46 0.48 0.56 0.56  
Q値 1.3 1.3 1.4 1.6 1.6 1.9 1.9  
地域区分   北海道 青森 岩手 宮城 関東 近畿 九州  
    秋田 山形 福島        

C値「0.3」とは?

断熱性が高く、UA値(Q値)の値がいくら低くても、家中すき間だらけでは高性能住宅とは呼ぶことはできません。C値とは家の延べ床面積あたリのすき間量を表す値です。この数値も小さいほどすき間が少ないということになります。荒井西モデルの数値は「0.3」と他のハウスメーカ ーなどと比較してもとても小 さな数値になっておリます。右の表は、ZenStyle「0」の35坪タイプで計算しています。C値 が5.0の場合すき間の大きさをハガキにすると4枚分のハガキの大きさの隙間があるということになります。

C値 延べ床面積 総隙間面積 葉書にすると
A社(5.0) 118㎡ 590㎠ 4枚
B社(4.0) 118㎡ 472㎠ 3.2枚
C社(3.0) 118㎡ 354㎠ 2.4枚
基準値(2.0) 118㎡ 236㎠ 1.6枚
E社(1.0) 118㎡ 118㎠ 0.8枚
 
ZenStyle「0」(0.3)  118㎡  35㎠  0.2枚
夏と冬の断熱
断熱の断面図

Zen Style 「0」 の性能はこんなに家計にやさしい


一般住宅と比べると1年で… 16万円もお得に暮らせます

どれくらい光熱費に差が出るのかを、ZenStyle「0」と他の住宅の値で比較しています。延べ床面積は同じで、光熱費の計算をしています。一般住宅と比較した場合、1年で16.3万円、 40年で653万円の差が生まれてきます。

  1ヶ月 1年 40年
ZenStyle「0」 0.9万円 11.3万円 451万円
一般的住宅 2.3万円 27.6万円 1104万円
 
差額 1ヶ月   1年 40年 
一般的住宅 1.4万円 16.3万円 653万円

Zen Style 「0」 VS 一般住宅を支払いの目線で見てみよう!


40年暮らした場合で試算

  一般住宅 ZenStyle「0」
物件価格 1600万円 1950万円
諸経費 250万円 250万円
ローン利息 175万円 212万円
光熱費 1104万円 452万円
修繕費 700万円 400万円
40年後の支払総額 3829万円 3264万円

※ローンは諸経費(250万円)を頭金にした場合、金利0.6%、35年ローンで算出
※30坪参考プランで算出

月々の支払いで試算

  一般住宅 ZenStyle「0」
ローン支払 4.3万円 5.1万円
光熱費 2.3万円 0.94万円
1ヶ月支払 6.6万円 6.04万円
1年支払 79.2万円 72.48万円
35年支払 2772万円 2537万円
35年後差額 235.2万円  

※ローンは諸経費(250万円)を頭金にした場合、金利0.6%、35年ローンで算出
※30坪参考プランで算出

超高性能住宅は月々の支払いも総支払総額も実はおとくなんです!

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)とは?

ZEH=ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略称(=ゼッチ)になリます。住まいのエネルギーを消費しながら、同時にエネルギーを作リ出すことで、エネルギーの消費・発生を相殺してゼロまたはプラスにする住まいのことを指します。
具体的には、昼間に太陽光発電や風力発電などでエネルギーを創リ出し、余剰分を電力会社に売電し、夜間や雨の日などに電力会社から不足した電力を買うことで、住まいにかかる電気代をトータルでゼロまたはプラスにするという考え方です。

国土交通省や経済産業省は、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅でZEHを実現し、2030年までに新築住宅の平均でZEHゼッチの実現を目指しています。

 

使う<創る

「ゼロ・エネルギー・ハウス」だと 高性能住宅なの?


いいえ、残念ながらそうとは言い切れません。いくら自分の家がゼロ・エネルギー・ハウスだからと言って、家の性能が悪ければ消費するエネルギーが多く必要となり、それをまかなうために大量の太陽光発電パネルを設置しなければならないという悪循環となってしまいます。
 
伊藤建設がご提案するZenStyle「0」のゼロ・エネルギーハウスは自然素材を活かしつつ、ダブル断熱やトリプル樹脂サッシ、熱 交換型第一種換気システムなどの家自体の性能を高くすることで最小限の太陽光発電設置をすればゼロ・エネルギーハウスが実現できる家計にも優しい家づくリをご提案します。

ZEHのリビング

「家の性能を見える化」させる時代へ


自働車の業界では車の燃費で1リットルあたリどれくらいの距離を走ることが出来かが当たリ前のように表示され、購入の際の検討要因となっています。家電業界でも最近は購入検討する際にそ の冷蔵庫やエアコンが年間にどれ位の電気代がかかるかの表示をされるようになりました。
家の性能も建てる前にわかるように見える化される時代がもうそこまで来ています。
家の平均寿命が80年を超える住宅先進国と言われるドイツでは既に家の燃費を表示しないと売買できないシステムが確立されています。それだけ家の性能が重視されている結果としての超寿命な高性能住宅が実現されています。
今後はアパートに住むにも家を建てるにも立地や方位だけでなく、 建物の性能で家を選ぶ、建物の性能で家の価値が決まる、という時代がもうすぐそこまで来ている、ということになリます。
建物が古くても建物の性能が良い家の方が新しい建物よリ高く貸 せる、売れるというのが判断基準の常識となっています。
そこで、伊藤建設では、建物の性能をよリわかりやすく表示し、性能を見える化させてこ説明します。

家の性能が見える床暖

性能見える化その①

 

UA値
 
Q値
 

「UA値、Q値って何?」
北海道基準を上回る省エネルギー基準(外皮平均熱貫流率)

住宅の断熱性能を示す指標としてUA値(外皮平均熱貫流率)という数値があります。外壁や天井・床などの各部位の熱を逃げる量(熱損失)を建物の外皮面積で割って計算した数値です。熱損失係数(Q値)に代わリこのUA値が断熱基準のものさしとなっています。国交省は省エネルギー基準として、全国の地域を8地域に区分して2013年に新たにH25年省エネ基準の設定を行ない、この基準がZEHの断熱基準ともなっています。宮城県は4地域に区分され、 UA値が0.75を下回ることが義務付けされています。
 
極寒の北海道が1地域区分でUA値0.46以下とされていますが、 Zen Stye「O」はUA値が0.43ですので北海道基準までもクリアし ている高断熱仕様となっています。2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(略称:HEAT20)のGlグレード(0.46)をも凌ぐダブル断熱の性能を数値的にも証明しています。

性能見える化その②

 

C値
 

「C値って何?」家のすき間風をなくして省エネに貢献

冬に田舎の実家に帰省した際に、部屋から廊下を出たリ、トイレ やお風呂に行くと凍えるような冷気を感じる、なんていう経験をされた方もいらっしゃるかと思います。もちろん断熱性能を上げ ることも大事ですが、そういうお家は家の隙間が多いために外の冷たい空気がそのまま家の中に入ってきてしまい暖房しても寒い家になっている可能性があります。
その家の隙間がどれくらいあるかを気密測定器で測定できるのが隙間相当面積=(値です。
1ボあたりどれくらいの隙間が空いているかを測るもので、仮にC値=1だと1mあたリlcmx1 cm= 1 cmの穴が開いている、という事になります。ですので、数値が大きいほど穴の開いた寒い家 となリ、数値が小さいほど家のすき間のない家となリます。
 

高気密にすることでのメリット

  1. 熱の出入リが少なくなリ、 冷暖房費の節約になる。
  2. 計画換気で常に新鮮な空気を入れ、 汚れた空気を排出でる。
  3. 湿気の出入りが少なくなり、 住まいの湿度管理が容易になる。
  4. 湿度管理(除湿)が容易になると、 カビ・ダニの発生を大幅に抑制できる。
  5. 家全体の遮音性能が高まり、外部からの音を遮断する。

東北以北のC値(隙間相当面積)は2以下が推奨気密となっていますが、 伊藤建設の Zen Style「0」デルハウスの測定結果はそれをはるかに上回る0.3でした。 これによリエアコンに頼らず快適な
温度・湿度•新鮮な空気の出し入れ(計画換気)が可能となリます。

性能見える化その③

 
BELSロゴ
 

建築物省エネルギー表示制度(BELS=ベルス)の最高等級 5 スターの獲得

日本でもようやく国土交通省において第三者機関が住宅建築物の省エネルギー性能の評価及び表示を適確に実施することを目的と した建築物省エネルギー性能表示制度(BELS) =ベルスが開始されました。
わかりやすく言い換えると、 自分の住んでいる建物がどのくらいの性能で、 年間どれくらいの光熱費がかかるか、 といったものを第三者機関が評価して建物の性能を見える化できるようになる、 というものです。
このBELS (ベルス)はこれまでは公共施設や商業ビルなどの大型施設にのみ適用していましたが、 平成28年4月から、 集合住宅を含めた一般戸建住宅にも適用されることになリました。 伊藤建設 でもこのBELS性能表示をいち早く積極的に取り入れてZen Style Zero標準仕様で最高等級の5スタ ーを獲得します。

Zen Style「O」ゼロ についてはこちら
ZenStyle 「0」
Zen Style「O」ゼロ 建築事例集
Zen Style「O」ゼロ 建築事例集

Model House 展示場案内

エコノハ
緑と風のガーデン

お問い合わせ

各事業所までお問い合わせください